自治体のサポートを受けられるリフォームの種類

サポートを受けてリフォームしよう

費用が少ない人でも安心できる

どのくらい費用を負担してくれるのか

自治体では、最大18万円までリフォームの費用を負担してくれます。
それなら、お金が少ない人でも大丈夫でしょう。
介護は、とても負担が大きい作業です。
何も機能がないとストレスが溜まって、介護する側と、される側の関係が悪化してしまう恐れがあります。
バリアフリー機能があれば、誰かの手を借りなくても自分で移動できるかもしれません。

できることは自分で挑戦することで、身体の機能を回復させることに繋がります。
そのためにも、リフォームでバリアフリー機能をつけてください。
手すりがあれば、歩くのが難しい人でも1人で歩けると思います。
おすすめのバリアフリー機能を聞いても良いですね。
リフォーム業者と相談すれば、良い機能が見つかります。

申請しないともらえない

基本的にどのような場合でも、こちらから申請しないと助成金を受け取ることができません。
バリアフリー機能を追加するために住宅をリフォームする際は、介護が目的なので助成金を申請できます。
忘れないでください。
前もって、助成金の仕組みを詳しく知っておきましょう。
申請できる、期間が決まっているケースが多いです。

期間内に申請しないと、自治体はサポートしてくれないので注意してください。
また助成金がほしいと言っても、すぐもらえるものではありません。
書類などを出して、本当に条件に該当している人なのか判断されます。
審査が通ったら、無事に助成金を受け取ることができる流れになります。
早めに申請すると、忘れることはありません。


このコラムをシェアする