自治体のサポートを受けられるリフォームの種類

サポートを受けてリフォームしよう

自宅を強化することが目的

早く自宅のリフォームをする

耐震工事を済ませておくことで、地震が来ても耐えられます。
リフォームをする時は助成金を申請できるので、費用の事は気にしないで依頼してください。
最大200万円もの、助成金を受け取れます。
かなり年月が経過している住宅は、耐震工事をする時に高額な料金が発生しがちです。
費用を調べると、予算を越えてしまうので諦めていた人がいるでしょう。

ですが、耐震工事を済ませていないと命に関わります。
地震が起こってから、やっぱり耐震工事をしていれば良かったと後悔しても遅いです。
費用が足りなくても、助成金を申請できることを思い出してください。
自治体から費用をサポートしてもらえれば、無事にリフォームを済ませることができると思います。

屋根の修理なども対象になるケース

冬に寒くなる地域では、雪が降ります。
雪の重みで、屋根が壊れてしまうかもしれません。
そんな被害が起こらないよう、強くて丈夫な屋根にしておきましょう。
それも災害対策なので、助成金を申請できると言われています。
冬までに、リフォームを済ませないといけません。
早めに依頼することを意識してください。
秋ごろになると、いろんな人が業者にリフォームを依頼するようになります。

連絡するのが送れると、後回しになって冬に間に合わないかもしれません。
夏ごろなら、空いているので早く工事を済ませることができます。
また台風の被害に遭いやすい地域でも、自宅を強化する時に助成金を申請できるかもしれません。
自治体に、聞いてください。


このコラムをシェアする